1. HOME > 
  2. M&A戦略 > 
  3. 4. スピード対応

4. スピード対応

潤沢な資金調達 + 社長の決定権 = 圧倒的なスピード感

デューデリジェンスも全て一人で対応

小野写真館によるM&Aのメリットの一つは、圧倒的なスピード感を持って取り組む点。例えば、金額の面で話が変に長引いて機会消失するよりは、極めてスピーディーに対処する小野写真館のM&Aは売却する上での大きなメリットになっていると思います。実際、『BABY365』も出会って2ヶ月でM&Aが成約。そしてなぜスピード対応できるかと言えば、僕自身が金融出身で全部フル対応しているから。デューデリジェンスの部分を僕が全て行なえる強みがあります。

資金調達で生じる大きな強み

お金の面に関しても、いつでもM&Aできるというかなりの金額をすでに銀行から調達しています。M&Aの交渉では話し合いよりも先に銀行口座を見せているぐらい。まずは買収できる金額を持っているから、話がスムーズに進めば翌日分の振込金額が用意されている。M&Aしましょうと話が決まっても、結局は銀行がお金を貸してくれなかったから実現できなかったというケースが、実は意外と多いのです。会社を買おうと思っていますが現金がないので銀行から借りますという話では、銀行が首を縦に振らなければその場で頓挫してしまう。

想いとお金を両立したから残せた実績

ある程度のお金を準備できていることに加え、もっと大きいのは決定権を持っているのが社長である僕だということです。話の通りが早いのは当たり前。これからもとにかくスピード感を重視し、M&Aをする前からお金の出所だけは明らかにできる。想いだけでもお金だけでも片方では駄目。双方の面で先方が安心して大事に育んできた会社を売れる。両方の軸を大切に小野写真館はM&Aに取り組み、言葉だけでなく実績を残しています。

スマホ向け表示