1. HOME > 
  2. リクルート > 
  3. 先輩社員の声 > 
  4. 二十歳振袖館Azひたちなか本店 メイク 櫻井 成美

櫻井 成美 NARIMI SAKURAI

若手スタッフの成長を促す先輩たちの後ろ姿 日々の学びを礎に、これからもがむしゃらに走り続けたい!

二十歳振袖館Azひたちなか本店 メイク
1994年1月22日生まれ
2014年4月入社
総合学園ヒューマンアカデミー ビューティーコンサルタント専攻 卒業

入社の決め手は楽しそうな雰囲気

櫻井さんの業務内容から教えてください

美容スタッフとして二十歳振袖館Azに所属していますが、非常に忙しい店舗なので、美容以外も受付に付属する関連業務、写真選び、諸々の内部作業などを行なっています。受付そのものとカメラ撮影、美容のヘア部分、これら以外の店舗業務は全て携わっている状況。私は入社1年目なので、早く精度を上げて全ての業務をできるようになりたいです。

小野写真館グループへの志望動機は?

私は千葉県にある専門学校に通っていました。就職は地元でと考えていたため、茨城県内でブライダル関係の仕事を探していたところ、小野写真館グループの存在を知り、応募したんです。面接段階で初めて二十歳振袖館Azの存在を知りました。

その年度に私は成人式を控えていたため、利用者として前撮りの撮影を依頼。撮影時に印象的だったのは、スタッフ皆さんがとても優しく接してくれたのと、楽しそうに働く様子でした。「私もここで働きたい!」と強く思いましたね。それが一番の決め手です。

当初、ブライダルで就職先を探していた理由は?

ブライダルの仕事は何となく華やかじゃないですか。ウェディングドレスや花嫁さん、そういうキラキラした感じのものに関われるイメージに憧れていたんですね。ですから専門学校の流れと、漠然としたブライダル志望で、小野写真館グループの募集を知ったわけですが、結果として、今の二十歳振袖館Azに辿り着き、魅力に触れることができました。本当に良かったです。

スタッフもお客様も皆が仲良し!

働き始めてから感じた、職場としての魅力は?

私が働く二十歳振袖館Azひたちなか本店は、Azの中でも人数が一番多い店舗で、個性豊かなスタッフ揃い。とても楽しい職場です。パートさんを含め、皆が凄く仲がいいため、業務でのコミュニケーションがしっかりとれています。
また、そういう連携の良さがお客様にも伝わっている。そういうところが私はとても好きなんです。働く環境としての雰囲気の良さが、大きな魅力だと思います。

二十歳振袖館Azひたちなか本店には、どんな豊かな個性が?

いつも店舗内を走っている一生懸命なパートさんや、何に対してもすぐ怒る面白い先輩とか。すぐ怒る先輩って聞くと普通は恐いだけの存在に思われるでしょうが、その先輩は違います。

「もっとちゃんとやれるようになってほしいから」、「成長してほしいから」と、細かなことでも愛情を持って注意してくれる。私たち後輩にとって、ありがたいし頼もしい先輩です。

小野写真館グループ全体としての雰囲気は?

私の職場である二十歳振袖館Azひたちなか本店は、スタッフ間だけでなく、お客様とも凄くフレンドリー。小野写真館やココアはお客様がお子さんなので、柔らかい雰囲気のスタッフが多い。一方で、小野写真館グループにはブライダルの方もたくさんいます。そういう方々は、私から見て「奇麗なお姉さん」という印象です。いろいろな個性あるスタッフ皆が同じ方向を見て、強烈なリーダーシップを持つ小野社長についていっている。グループ全体の雰囲気を表現すると、そういう感じですね。

全ての工程に携われる喜び

小野社長はどんな人?

常に突っ走り続けている人。どんどんチャレンジしていて本当に凄いと思う。スタッフから見ても「恐くないのかな?」って思うぐらい、新しいこと・大きなことに挑戦しています。やはり凄い社長です。最初は面接時に1時間程、話をしました。次に話をしたのは入社が決まって懇親会に参加した時。

小野社長から話しかけてもらったんです。内容も覚えていますよ。「櫻井さんは技術職だから、先輩たちの働く姿をしっかり見て、たくさん学び、成長してください」という包むように優しい言葉でした。大勢のスタッフ一人ひとりを気にかけてくれていることが理解できて、とても嬉しかったですね。

入社1年目で大変だったことは?

最も大変だと感じたのは、やはり成人式前の準備で一番忙しかった期間ですね。着付けやカメラ、ヘア、受付など、私はできないこともありますが、それ以外は、ずっと動いている状況なので、先程話したパートさんと一緒に私も店の中を走り回っていました(笑)。仕事が多いのは店舗の売上としても、自分の成長の面でもありがたいこと。その分、体力的には大変だったというのは確かにありますね。また逆にそこがやりがいにも繋がるわけですが。

働いていて、最も嬉しいことは?

お客様が来店されると、衣装選びから始まり、撮影、写真選びへと進みます。ありがたいことに、私は全ての工程に関わらさせてもらっている。衣装選びもお客様と一緒に行なうし、メイクは私の担当、撮影時も間近にいて「可愛いね、可愛いね」とお声かけしています。ですから、全てが終わった際に、お客様から言ってもらえる「本当にありがとうございました」の言葉が励みになるんですよね。ある時は「ありがとう」の後に「記念にしたいので、一緒に写真を撮ってもらっていいですか?」と言われました。

満足していなければ決して出てこない言葉なので、私も感激しちゃいましたね。お客様とは年代も近いので親近感を持ってもらえるのかも。逆に私も感情移入できる部分。そういう感情が交錯するからこそ、仕上がりの良さにも繋がってるんだと思います。

No Way Out, 逃げ道なしの壁こそが成長のチャンス!

仕事を通して、成長できた点は?

何かしていると絶対に壁というものが現れますよね。それは仕事でも、プライベートでも。学生の時は何かのタイミングで壁にぶつかっても、甘えの部分で逃れることが多かったんです。でも仕事では「私は知らない、関係ない」と甘えて逃れるわけにはいかない。

逃げたとしても必ず壁が追いかけてきて、さらに大変な状況になってしまう。壁があっても乗り越えようとする気持ち・姿勢に変われたことが、就職してからの成長だとは実感しています。

先輩から学んだ点は?

たくさんのアドバイスや叱咤をいただき多くのことを学びましたが、特に凄いなあと思ったことがあります。身内に不幸があったり、嫌なことが起こったりというのは誰しもあると思いますが、お客様の前に出る時、先輩方は皆、必ず明るく笑顔で接客しているんです。

私たちの仕事の大前提ではありますが、何事もなく普段通り、元気に振る舞っている様子を見て「私もこうできるようになろう」という意識が芽生えましたね。先輩方の行動が、私の全てお手本。いつも勉強になります。

小野写真館グループの強みは?

いろいろ浮かびますが、最大の強みはクオリティーの高い写真にあると、私は思います。今日のインタビューでも先輩方が撮影していますが、本当に凄い写真を撮るんです。素人目にも背筋がゾクッとするような素晴らしい写真。お客様にとって商品となる写真そのものが、小野写真館グループの大きな強みです。それに加え、二十歳振袖館Azに特化して言うと、振袖を少し着崩したようなコーディネートを敢えてするセンス。この点も私たちが自信を持ってアピールできる、他社にはない強みだと思っています。

最後に、櫻井さんの目標を教えてください

まだ1年足らずの経験ですが、二十歳振袖館Azでがむしゃらに走り、現状のレベルまではできるようになりました。ただ、まだまだなのは自分でも理解しているので、引き続き、努力し、行動していきます。特に、まだできていないカメラ撮影、着付け、ヘアを勉強し、何でも一通りできるスタッフになりたい。

そのためにも、カメラを購入し、普段から触るようにしています。ヘアに関しては、先輩の技を日々盗み、自分でも試す。その繰り返しで身に付けている途中段階です。

先輩から、未来の仲間へメッセージ

店舗の面で言わせてもらうと、人と人とのコミュニケーションがとれているかどうかは、必ず雰囲気としてお客様に伝わります。店の雰囲気にも関わってくるのでスタッフ同士やお客様との繋がりを大事にする方と、私は働きたいです。その点を踏まえ、楽しい店舗で、どんなことでも新たにチャレンジしていきたいという前向きな人を待っています!

ただ逆に、美容だけやりたい、カメラだけやりたい、などの考えだと難しいでしょうね。店舗として支障もでますし、雰囲気も悪くなりますから。「なんでもやりたい、覚えたい!」と考える前向きな人がいいと思います。最初はできなくて当たり前。そこを克服して武器にできる人こそが、小野写真館グループに最適な人材です。

スマホ向け表示