1. HOME > 
  2. リクルート > 
  3. 先輩社員の声 > 
  4. sheAco事業本部 フォトスタジオ事業 スタジオcocoa水戸店 藤咲 舞美

藤咲 舞美MAMI FUZISAKU

ママフォトグラファーとして、
これからパパママになる皆様に
「残しておけばよかった…」と後悔してほしくない。

sheAco事業本部 フォトスタジオ事業 スタジオcocoa水戸店
2006年3月入社
茨城県ひたちなか市出身

藤咲さんの業務内容から教えてください。

現在「スタジオCocoa水戸店」にてカメラマンや撮影のアシスタント・撮影の打ち合わせや写真選びなどの接客・時にはパソコンを使用した広告作成などの内部業務と幅広くお仕事させていただいています。現在スタジオCocoa内サービスとしてニューボーンフォト専門の出張撮影サービス「studio AdAmAs」の責任者兼フォトグラファーを務めています。

入社した経緯を教えてください。

「新しい環境に飛び込みたい」と思っていた時に小野写真館グループで働いていた知人に声をかけていただき応募しました。ちょうど2006年アンシャンテ立ち上げの時期と重なり、オープニングスタッフとしてアルバイトを始めました。あの時は一般の方も利用できるカフェがあったんです。カフェスタッフとして働きながらも挙式のアテンド・音響など様々な経験をしました。

カフェで働いていた藤咲さんがそこからどのようにスタジオCocoa水戸店に異動したのですか?

アンシャンテ内で運営しているドレスショップ「ブランシェ」のスタッフとして先輩が引き抜いてくださりドレス選びや衣装のメンテナンスなどをメイン業務として働くことになりました。

2009年に出産、復帰後カメラマンの一木さんより「カメラマンをやってみないか?」と声をかけていただきました。ママになり、娘を可愛く撮ってあげたいという気持ちもありましたし、フォトショップの使い方を覚えられるのも嬉しいと思い、チャレンジしました。1〜10まで教えてもらうというより3とか4とかまで教えてもらって後は一木さんの背中を見ながら教えてもらいました。一木さんの撮る写真や作る広告のデザインが素敵で、「これはどう撮ったのかな?」と考えながらよく真似をして撮影の練習をしていました。

ブライダルの撮影を中心に行ってきましたが、2014年にスタジオCocoa水戸店がオープンしアンシャンテから異動しました。そこからはお子様中心の撮影を行うようになりました。子どもが9歳になり、今までアルバイト→短時間社員→正社員と働き方を変えてきました。

途中で働き方を変えながら勤務してきたんですね。

働き方は会社と相談し変更しました。私は両親がサポートをしてくれているので、働くときは精一杯働き、有休なども使って娘との時間も十分に楽しめています。小野写真館グループには計画有給取得制度があるので、休みの日はキャンプに行ったり、ママ友と遊んだり、いろいろですね。スタッフ一人ひとりの置かれている環境尊重してくれる会社だと思うので安心して働けています。

働く中で大変だと感じることはどんなことですか?

入社してくる子との年の差がありどうコミュニケーションをとっていくかが、私の課題です。小野写真館グループは年代・出身・個性が様々です。一人ひとりとどう向き合うかが大切だと思います。

嬉しいと感じるときはどんな時ですか?

お客様が喜んでくれることが一番嬉しいのですが、 長年働いてきた中でいつも嬉しいと思うことは多くの後輩が成長してきたことです。
ただ単に「撮影した写真が上手になる」や「接客で成果が上げることが出来た」、ということだけでなく人としての気遣いや心遣いが出来る人になってくれているということです。周りの人が当たり前のようにやってくれている事に気づき、感謝し、伝えられる後輩が増えたことに一人ひとりの成長を感じられ嬉しく思います。

入社後に感じた小野写真館の魅力は何でしょうか?

若いスタッフ、社歴が短いスタッフにもチャンスがあるということです。
その環境が先輩たちである私たちにもいい影響になっているのではないでしょうか。切磋琢磨しながらみんなが成長していけると思います。

入社して成長したと感じられること、入社して良かったと感じられることを教えてください。

周りが見れる冷静さを持てたと思います。入社当時はもちろん下っ端で怒られることもありました。
たくさんのお客様、スタッフと出会い13年働いてきたからこその経験だと思います。たくさんの人や経験を受け入れたことで私自身成長し、後輩もたくさん増えました。先輩として教えることも増え、判断しなければいけない時も多々あります。その中でいつもいかに冷静にいるか、周りに左右されずに判断するか自分自身に言い聞かせています。

また撮影出来るようになり、良かったと思っています。私自身娘を持ち、娘を可愛く撮ってあげられるママって素敵だと思ったのでカメラに挑戦しました。普通のママでは撮ってあげられないような写真を娘に残してあげられることが嬉しいです。

小野写真館グループはどのようなスタッフが多い印象でしょうか?

個性が強い!これにつきると思います。
他のスタッフからしたら私もそう見られているのかもしれないですが。(笑)

藤咲さんの目標を教えてください。

たくさんのパパママに「お子様の成長は早いですからたくさん残してくださいね」と伝えていますが、その中で特に残しておいて欲しいと思ったのが最初はマタニティフォトでした。おかげさまで水戸店はココア全店の中でもマタニティフォトが多い店舗へと成長する事ができました。
そして次に私が思った事はニューボーンフォトです。残念ながらまだまだ多いとは言えない項目です。私も娘のニューボーンフォトを残していませんでした。あの頃は知りもしない項目です。
同じ子供を持つお母さんだからこそ伝えられる、たった20日間だけの新生児期間をしっかり残しておく事大切さをもっともっと広めていきたいと思います。

未来の仲間に一言

若い子はもちろんですが、働くママにとっても働きやすい環境だと思います。それぞれのライフスタイルにあった働き方を一緒に考えてくれると思います。

働くママがもっともっと働きやすい環境へ。子育てを仕事を無理なく続けていける会社へ。そんな会社を一緒に作っていきましょう。

スマホ向け表示