小野写真館代表取締役 小野哲人

株式会社 小野写真館

312-0042
茨城県ひたちなか市
東大島2-2-16

tel.029-274-1791

  • 小野写真館グループWEBサイト
  • 企業情報
  • 私たちの目指すもの
  • 事業紹介
  • リクルート
  • お問い合わせ
カレンダーCalendar
2024年7月
M T W T F S S
« Jan    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
SNS

今に感謝

 今日は、

茨城ファイナンシャルプランナーズ代表「宮田社長」から、

毎朝送られてくる明ワクメールからです。

 皆さんにシェアして頂きたい内容です。

うちの社員全員が読んでくれる事を祈ります。

 これは実話との事です。

『しゅんしゅん君のお話』

昼間の小児病棟はとてもにぎやかです。

とても小児がんで苦しんでいる子供たちの病棟とは思えないくらい。

そして小児病棟には絶対守らなければならないルールがあります。

親は絶対に病室で泣いてはいけない。

子供が寝静まると、両親たちが顔を枕に押し付けて、

声を押し殺して泣くのだそうです。

痛い思いをさせてごめんね。苦しいよね。

あんな痛い注射を打つなんてつらいよね。

目の前で病魔に苦しむ幼いわが子の苦しみを、

できれば親の自分たちが代わってあげたい。

塗炭の苦しみとはこういうことをいうのでしょう。

「しゅんしゅん」というひとりの男の子がいました。

しゅんしゅんは目の裏側、脳の前頭葉の部分にできるガンで、

摘出が不可能でした。

放射線治療も間に合わず、とうとう目が変形してしまいました。

親は夕方になるとカーテンを閉めます。

反射して、しゅんしゅんの顔が写らないようにするためです。

部屋の中のありとあらゆる鏡は撤去しています。

それでもある日、看護婦さんが持っている手鏡をみつけた

しゅんしゅんは、

その手鏡で自分の変形した目を見てしまいます。

看護婦さんもうっかりしていたのでしょう。

でも、しゅんしゅんはにっこり笑って看護婦さんにこう言ったそうです。

ありがとう。

でもこの鏡を見てしまったことはママには内緒にしていてね。

なんという、けなげな子でしょうか。

自分の顔を見たショックよりも、

親の気持ちの方を思いやるのです。

ある日、いつもは聞き分けの良いしゅんしゅんが、

お母さんに何度も何度もぐずったそうです。

ねぇ、ママ。

僕の病気は治るの?

僕は大人になってお巡りさんになりたいよ。

なれるよね?

僕、大人になりたい。

そう言って泣いた翌日、彼は天使になりました。

しゅんしゅんは、自分の最後を

魂のどこかで感じ取っていたのかもしれません。

両親の慟哭、嘆き悲しみようは尋常ではなかったそうです。

人一倍やさしかったあの子が、

なぜこんなに苦しんで死ななければならなかったのかと。

わが子に先立たれる親の悲しみほどつらいものはないでしょう。

しゅんしゅんは大人になることが夢でした。

私たちは労せずして、

しゅんしゅんのなりたかった大人になっています。

でもせっかくの人生を大切に生きているでしょうか?

人からしてもらうことを当然のようにして受け取り、

不平や不満を口にしては、感謝の気持ちも表さないでいて、

私は満たされない、つまらない、死にたい、

と言う人がなんと多いことか。

今生きていること、

おいしいご飯が食べられること、

愛する家族といられること、

仕事があること、

友人がいること、

健康で一日無事に過ごせること。

すべてが奇跡のようにありがたいことなのです。

 ~心理カウンセラー衛藤信之さんの講演から抜粋~

 宮田さん、素晴らしいメールありがとうございました。

 このブログを読んでいる方は、

皆幸せな人ばかりじゃないでしょうか。

 
 もう一度、

当たり前のように生きている事への感謝、

当り前のように大人になれたた事への感謝を

してみませんか?

 それが、

「しゅんしゅん」君に対して

我々ができる唯一の事だと思います。

 
 しゅんしゅん君ありがとう。 

今日も読んでくれてありがとう!

小野 哲人

最新の記事
カテゴリー
月別