小野写真館代表取締役 小野哲人

株式会社 小野写真館

312-0042
茨城県ひたちなか市
東大島2-2-16

tel.029-274-1791

  • 小野写真館グループWEBサイト
  • 企業情報
  • 私たちの目指すもの
  • 事業紹介
  • リクルート
  • お問い合わせ
カレンダーCalendar
2024年5月
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
SNS

歌手MISIAのアフリカ支援活動

 正月に何気なくテレビを見ていたら

MISIAが番組に出演していた。

 僕自身、特にMISIAが好きなわけでもないが、

テレビに出ること自体が珍しかったので、思わずチャンネルをとめてみた。

 
 内容は、

 アフリカの貧困問題についてであった。

 あれだけテレビに出ないMISIAが出演したのは、アフリカ問題について世の中に伝えたかったんだと思う。

 ありきたりだが、番組を見て感動した。

 すごいと思ったのは、MISIAはただアフリカを訪れただけでなく、

実際に行動していること、

 「CHILD AFRICA」という組織を立ち上げ支援活動を行っている。

 また、

アフリカの現地でバックを生産して、コンサート会場で販売などもしている。

ただ寄付するだけでなく、実際にアフリカの人々を巻き込んでの事業でもあり、

本当に素晴らしいと思った。

 
 小野家では、毎年頂いたお年玉の一部をユニセフを通して寄付する事にしている。

もちろん半強制的なので、

まだまだ子供たちは理解できていないと思うし、理解しないのも当然だと思う。

 でもそれでいいと思う。

僕自身小さい頃、母親から強制的にユニセフに募金をさせられており、その当時は

「何で募金しなきゃいけない?俺がもらったお金なのに!」と思っていた。

その当時は寄付する事で「損」をしていたと思ってた。

 でも強制的に募金させられていた事に、今では心から感謝している。

いつか伝わればいい。

 この前子供達に、「このお金でたくさんの人たちの命が救われるんだよ」と話したら、皆喜んでいた。

嬉しかった。

 親として何もできない僕が、子供達にできる事はこれくらいしかない。

 僕自身も、一昨年頃から大変ありがたい事に、写真業界などの「セミナー」に、

講師として呼ばれる機会が増えてきた。

 こんな非常識スタイルで経営している自分を呼んで頂ける事は、驚くのだが、

 僕は今、セミナーなどを通して得たお金は全て「寄付」する事にしている。

 まだまだ自分の実力でできているセミナーではありません。

誰かの推薦などのお陰で、あのような大舞台を経験させて頂いています。

 この2年間で40万円以上を寄付できた。

 これも全て支えてくれる家族、スタッフ、お客様、パートナー企業様のお陰。 

 
最後に、「asahi.com」からの引用です。MISIAさんの言葉です。

 「アフリカと聞いて思い浮かぶのは貧困や飢餓。かつての私はそうだった。昨春、ケニアを訪れ、その考え方はすっかり変わった。

 ナイロビのスラムで出会った、1人の少女が忘れられない。親類に連れ去られて弟と一緒に別のスラムへ売られ、約1年間働かされていたという。お父さんが見つけて家に戻ることができたけど、弟は虐待されて口がきけなくなってしまった。そんなつらい過去があっても彼女は歌うことが大好きで、笑顔で生きていた。

 マサイ族の村には電気がなかった。でも、医療や子育てなど様々な生活の知恵があり、昔からの文化を大切に幸せに暮らしていた。

 彼らの文化が遅れているから貧しいわけではない。みんな生きる力にあふれているのに、貧困はなくならない。スラムが生まれてしまう社会の仕組みに目を向けなければいけないと思った。

 「私たちをかわいそうだと思わないで下さい」。あるアフリカの国の駐日大使に言われたことがある。アフリカとつながるのは何かを背負うことではなく、豊かさや素晴らしさを知ること。援助をする際にも、彼らの文化や知恵、生きるスピードを尊重することが重要だと思う。

 アフリカには豊富な資源があり、貿易を中心に日本との関係も深まっていくと思う。その際、商品を作った人の人権は守られ、適切な賃金が支払われているのか。子供が働かされたり、女性が虐げられたりしていないか。そこに目を向けて欲しい。

 アフリカの貧困や紛争や環境問題と、日本で増えている自殺やいじめ――みんな根底でつながっていると思う。それは命がないがしろにされているということ。命の問題について、一人ひとりが行動し、世界中でつながっていくことが大切。それは、私たちの生活にもかかわる問題なのだから。 」

 暗い事ばかり話題になる世の中だけど、

MISIAさんのように、素晴らしい人もたくさんいるんですね。

 日本もまだまだ捨てたもんじゃない!

日本人が世界のためにできる事ってたくさんあると思う。

今日も読んでくれてありがとう!

小野 哲人

アンシャンテHP
↑和装前撮り、ロケーションフォト、洋装フォトウェディング、少人数挙式ならばお任せ下さい。

ウェディングセレクトショップ水戸(略してウエセレ)公式HP
↑水戸市水戸駅南中央通り沿いのウェディング複合施設です。館内には、全ての白ドレス、色ドレスが10万円以下の格安&リーズナブル「ドレスショップ ミュール水戸」、ブライダルシアター「イストリア」、レストランウェディングプロデュース「エクラ」、無料で結婚式の情報が取得できる「無料ウェディングカフェ」があります。

アンシャンテマネージャーのブログ
↑アンシャンテで撮影したカップルの「ウェディングフォト」が中心のブログです。

アンシャンテ「ウェディングフォトギャラリー
↑まずは写真を見てください!茨城県だけでなく、東京、千葉、神奈川、埼玉、群馬、栃木、福島、新潟、山梨からもお客様が来館する理由です!

アンシャンテ「ウェディングアルバムギャラリー」
↑アンシャンテこだわりの「ウェディングアルバム」を一挙大公開!

小野写真館公式HP
↑七五三、成人式、家族写真は任せて下さい!

ドレスショップ「ブランシェ」
↑アンシャンテ併設のドレスショップです。選りすぐりの最新ドレス&和装がたくさん!

ブライダルエステサロン「ピエニュ」
↑ブライダルエステ専門だから安心! 一切売り込みはしません。「安心」がコンセプトです。

ドレスブランド「シュガーケイ」
↑茨城県で大人気のドレスブランドです。

オススメの茨城県の結婚式場&ゲストハウス
↑茨城県の結婚式場&ゲストハウスをお探しのカップルさん必見

*ウェディングセレクトショップ水戸は、茨城県初の無料でウェディング情報を仕入れられる「ウェディングカフェ」、リースナブル&格安(全品10万円以下)のウェディングドレス、カラードレスが中心のドレスショップ「ミュール」、茨城県初!ブライダル映像&音響スペース、レストランウェディングプロデュース「エクラ」による、ウェディング複合施設です。

最新の記事
カテゴリー
月別