1. HOME > 
  2. リクルート > 
  3. 先輩社員の声 > 
  4. アンシャンテ プランナー 吉川 里穂

吉川 里穂 RIHO YOSIHIKAWA

尊敬できる社長や先輩に囲まれ、社会人としても一人の人間としても、劇的成長を遂げられる学びのフィールド

アンシャンテ プランナー
1992年8月11日生まれ
2013年4月入社
つくばビジネスカレッジ専門学校 ブライダルビジネス学科 卒業

挑戦を後押しし、育成を促してくれる企業土壌

吉川さんの業務内容から教えてください

ウェディングプランナーとして、お客様と一緒に結婚式をつくっていくことが、私の業務です。学生時代からブライダルの仕事に就こうと決めていました。プランナーとして入社し、最初はフォトウェディングで写真のみだったり、他の式場で結婚式を控えている新郎新婦の前撮りを中心業務にしていたんです。

ですが、だんだんと仕事を覚え、結婚式、神社挙式、ウェディングパーティーなどもプロデュースできるようになりました。

小野写真館グループを選んだ理由は?

もちろん様々な企業見学や説明会に参加しました。その中で、小野写真館グループがいろいろなことにチャレンジしてる会社だと理解し、大きな興味を覚えたんです。写真館から始まり、ブライダルに関しても多岐に渡ったアプローチをしている。ですからウェディングプランナーとして、多種多様な仕事ができると思ったんです。働く環境としての幅の広さ。これが入社前に強く感じた魅力の部分です。

入社後に実感した魅力は?

キャリアの少ない新人であれ、経験豊富なベテランであれ、全スタッフ挑戦できる環境だという点です。小野社長は常に「チャレンジしなさい。行動しなさい」と背中を押し、実際にそういう場も与えてくれます。「現場で学ぶ」が小野写真館グループの基本。私の接客デビューもそうでした。

他の会社であれば、段階を踏み、できることが一定ラインを超えてから臨ませると思うんです。でも、まだ知識がおぼつかない私に「お客様がいらっしゃったから、じゃあ吉川さん、いってみようか」って(笑)。もちろんミスしそうになったら先輩がフォローしてくれます。そういう経験に、ずいぶん鍛えられましたね。

親密+真剣に、お客様と向き合う姿勢

小野社長はどんな人?

常に爆速!いつも先々を見て行動している人です。いろいろなことに挑戦しつづけているのが凄いと思います。私たちのお手本ですね。1年に1度の経営計画発表会や、毎月の勉強会など、スタッフが集まる機会を設けてくれたうえで、どんな行動を起こそうとしているかを示してくれます。

普通、人は劇的な変化を恐れるものですが、小野社長には一切のためらいがありません。行動力と共に、考えの広さも凄いなと感じます。会社のトップでありながら他者の多様な考えも柔軟に受け入れたり・・・。常に熱い人、それが小野社長です!

仕事の中で大変だと思うことは?

いろいろありますが、特に思うことを話します。結婚式は、基本、一生に一度の重要な出来事。凄くこだわりを持って結婚式に臨むお客様との接客は、大変だと思いますね。もちろん、やりがいに結びつく大変さですが。想いを汲み取り、ベストな形で反映するのが、私たちの仕事。

やはり最大限の努力で、こちらも応えたいですから。それらを踏まえると、やはりお客様と最初に接点を持つタイミングはとても緊張しますね。これも良い意味での緊張感ですけれど。

小野写真館グループの強みは?

ブライダル部門に関して言えば、写真が非常に奇麗なこと。しかもお客様がお望みになる撮影を自由にできるのが特化した強みじゃないでしょうか。「ペットと一緒にブライダルフォトを撮りたい」、駄目。「ウチは家族が仲良しなので皆で撮った写真を残したい」、それは前例がないので難しい。そう対応されたお客様の話をよく聞きます。他の会社ではNGなブライダル撮影も、私たちならOKです!

それと、全ての部署のスタッフを自社で賄えていることも強みですよね。例えば「今日しか写真を撮れる日がないんです」というお客様が急にいらっしゃっても、連携を取って実現できるのが小野写真館グループ! また、私たちは他の式場に比べ、凄く大きいというわけではないので、その分たくさんのスタッフが、より綿密に親密にお客様と関われます。ですから、アットホームな雰囲気で、お客様とスタッフの仲が良いんです。

ビジネスだけでなく、人生を教えてくれる先輩!

先輩からの教えで印象深いことは?

たくさんありますね。プランナーとしてだけでなく、人生の先輩でもありますから、教わることは本当に多いです。仕事に対する姿勢、接客時のヒアリング力、アクシデントが発生した時の冷静な対処法などなど。そういう時、私はまだまだ経験不足なため焦ってしまう。けどそこを、尊敬できる先輩が的確にフォローしてくれます。見えない視点も含め、様々な物事の視点で教えてくれるんです。

入社間もない頃、先輩から「あなたの提案一つでお客様の結婚式が全然違ったものになってしまうんだよ」と言われました。その言葉で、責任の重大さを改めて痛感したんです。絶対に忘れてはいけない言葉だと思いましたね。

仕事を通し、成長できたと思える点は?

私は接客業をしているので、この仕事を選んでいなければ出会えなかった方たちがたくさんいます。数々の貴重な出会いから学べたことは本当に多いし、大きいと思っているんです。いろいろなお客様がいますから、常に成長できていることは自負しています。接客を実践し始めた頃は、教わった通りにしかできませんでした。でも今はお客様ごとに合わせた対応ができ始めたと思うんです。自分の中で使い分けできるようになったのは、やはり日々の現場経験に尽きますよね。

それと、小野写真館グループでは、多くの仕事を任せてもらえる。私は司会もやりますし、アテンドもします。他の式場で就職していたらできないことも多々させてもらえるんです。それらが自分のキャリアに大きく反映している実感がありますね。

嬉しいと思える瞬間は?

お客様から「ありがとう」の手紙をもらえて、とても嬉しかったですね。また、ウェディングパーティーでの新郎新婦による最後の挨拶で「吉川さん、ありがとう」って言ってもらえることも凄く嬉しい。

私は新郎にサプライズを提案することが多いんですけれど、そのサプライズで新婦が感激し、思わず涙を流してもらえた時は、提案して良かったって思えるんですよね。提案した自分も感動しちゃいます。

最後に、吉川さんの目標をお願いします

まだ完璧に仕事ができているわけではないですし、困ったら先輩に頼ってしまう甘い部分もある私です。だからこそ、一歩一歩、着実に行動の伴う成長を遂げ、何でも完璧に仕事をこなす自分になることが目標。先輩たちを見習い、プラン内容の構築や、挙式当日の進行など、全ての面で、そう実践できるようになりたいです。いえ、なります!

先輩から、未来の仲間へメッセージ

入社する皆さんは、それぞれがいろいろな部署・店舗に就くでしょう。写真館でも、成人でも、ブライダルでも、お客様にとって一生に一度の重要な機会に触れるわけですから、大変な反面、やりがいに満ちた仕事でもあります。誇りと責任を持ち、一生懸命、仕事に取り組める人と一緒に私も頑張りたい。積極的に行動でき、常に挑戦できる仲間を待っています。

スマホ向け表示